hiwjekwqwの日記

事故を未然に防ぐドライブレコーダー

運転初心者に最適なドライブレコーダーおすすめ

ドライブレコーダーは運転者にとって、とても大事なものであり、ドライブレコーダーが付いていたおかげで事故の際にしっかりと証拠を出すことができたという声が後を絶ちません。ドライブレコーダーは安価な物でも性能のいいものが多く、多くのドライバーに愛用されており市場も拡大の一途をたどっています。

 

最近では女性でも簡単に設置したり確認ができるようにシンプルなドライブレコーダーも増えており、新車購入の際はオプションレクトとしても人気が高くなっています。

ドライブレコーダーの必要性~こんな時に役立つ!~

○事故に巻き込まれて、自分に非がなかった時
○当て逃げされてしまった時
○当たり屋に遭ってしまった時
車上荒らしに遭ってしまった時

自動車保険の割引を受けられる
○警察の誤認検挙防止
○自分の運転特性に気付ける

ドライブレコーダーを設置するメリットは意外とたくさんあります。

事故を未然に防ぐドライブレコーダー

必要な機能はしっかり網羅

常時録画/駐車監視/G-センサー/ループ録画/エンジン連動電源/動体検知/緊急ロックなど機能対応可能です。ドライブレコーダーに必須の機能を網羅しながら、シンプルで扱いやすいというのが特徴です。

小型軽量&3インチ液晶搭載

超コンパクトわずか106g!その小ささは手の平に収まるほど!車内では目立たず、運転中の視界の邪魔になりません。コンパクトサイズながら3インチの液晶搭載で本体でも記録映像が確認できます。

そして今後、ドライブレコーダーは、テレマティクス保険の本格導入の進度によっては、さらに注目が高まることも十分にあるでしょう。
安全運転を心がけるという意味でも、安全安心のために、このドライブレコーダーをぜひ検討してみてください。

 

夜間でも撮影できる高画質ドライブレコーダー

近年、ドライブレコーダーへの関心が高まっている。

自動車用品最大手であるオートバックスセブンによると、2012年頃から、テレビの報道番組やYouTubeといった動画投稿サイトなどで、事故の瞬間や衝撃的な瞬間をとらえた映像が話題となり、ドライブレコーダーの関心が高まって需要が増えたという。

それと同時期に、ドライブレコーダーの高性能化や低価格化が進み、普及率が一気に上がった。販売台数は、5年前の10倍以上になっているという。

ドライブレコーダーは、常に録画をしているため、運転や事故の状況を詳細に記録できる。また、旅の道中を記録し保存するなど、娯楽にも使える。

このように、ドライブレコーダーの需要は高まっているが、一方で、標準装備している車種はほとんどない。ドライブレコーダーが欲しければ自分で製品を選び、取り付ける必要がある。

 

ドライブレコーダーの効果は?


とはいえドラレコを装着した所で、交通事故を起こさなく、巻き込まれなくなるわけではありません。

しかし、日常仕事で運転を主としている、タクシー業界やトラック業界などではドライブレコーダーを装着開始時からは交通事故率が減ったとの報告もあります。

職業ドライバーの場合は、誰かに見られていると言う緊張感が安全運転の意識を高め事故率を減らすことが出来たとも言われています。

日本では交通事故の約50%が交差点での事故がとなっているそうで、交差点では、信号の色、それに対する走行速度などの状況で過失割合が決まってくるため、ドライブレコーダーの記録は非常に重要な証拠として扱われます。
万が一のトラブル回避や最近ではセキュリティとしての役割、心理的安心感という所に効果が有りそうです。

 

ドライブレコーダー 常時録画 1080P フルHD 高画質 200万画素

最大64GBまで対応した夜間撮影に強いOV2718型番のCMOSセンサーを搭載したフルHD高画質ドライブレコーダーです。
新しい機能として車線逸脱警告(LDWS)と前方衝突警告(FCWS)といった運転支援システムを搭載し、事故防止に役立つ機能を搭載しています。

高性能200万画素CMOSセンサーを搭載し、明暗差を補正するWDR機能や広角140度の明るいF1.8ガラスレンズでフルHD最高クラス30fpsの鮮明で滑らかな映像を記録します。是非ご体験してみてください。

 

大事な愛車を守るために、ぜひご体験してみてください!

事故を未然に防ぐドライブレコーダー

いま、人気のカー用品といえば「ドライブレコーダー」です。愛車に取り付けることで映像と音声を記録してくれるドライブレコーダーは、事故の際に確かな証拠能力を発揮してくれます。

 

近年、YouTubeなどで危険な運転や事故などドライブレコーダーで記録した動画が頻繁に投稿され、マスメディアにも取り上げられてきました。その映像による状況再現性の高さと証拠能力に注目が集まり、ドライブレコーダーの人気は年々高まっています。最近では、高速道路で中央分離帯からクルマが飛び出し、宙を舞って観光バスと正面衝突するという衝撃的なニュースが全国を駆け巡りましたが、あの映像も観光バスのドライブレコーダーが記録したものです。

ドライブレコーダー 常時録画 1080P フルHD 高画質 200万画素

ドライブレコーダーが必要な4つの理由

事故が減少する

ドライブレコーダーの販売が開始されたのは2000年です。
2003年にはタクシーに初めて搭載され、事故率が約70%減少したというデータがあります。

また、全日本トラック協会の調べでは、ドライブレコーダーの導入により事故が導入前と比較して約57%減少したそうです。

事故が減少する原因はドライブレコーダーを設置することにより、ドライバーはそれを意識して運転するようになるので安全運転を心がけるようになり、また、危険な場面の映像を振り返って見ることにより、客観的に確認することができ、安全運転に対する意識が向上するためだと考えられています。

警察庁でもドライブレコーダーの活用をすすめています。

交通事故裁判の証拠品として提出が可能

交通事故に巻き込まれた時、ドライブレコーダーを搭載しておくと非常に役立ちます。
事故の相手が虚偽の証言をして、自分が不利な立場になりそうな場合でも、ドライブレコーダーには実際の正しい事故映像が記録されていますから、これを物的証拠として提出して自分の正当性を主張できます。

また、交通事故でケガをして警察の実況見分に立ち会うことができず、相手方の主張だけで事故調書が作成されてしまう場合がありますが、このような時でもドライブレコーダーの記録映像は重要な証拠として提出することができます。

車上荒らし対策

ドライブレコーダーの中には、駐車監視モード機能が付いているものがあります。

駐車監視モード機能はエンジンをかけていない時でも音と映像を記録することができるので、当て逃げや車上荒らしの場合でも映像を手掛かりに犯人を見つけることができます。

自動車保険の割引を受けられる

保険会社の中には、ドライブレコーダーを設置した加入者に対して、保険料の割引サービスを実施している場合があります。 この場合ドライブレコーダーの機種が定められていることも多いので、事前に確認する必要があります。

大事な愛車を守るために、ぜひご体験してみてください!